人生に後悔したくなくば勇氣を出しなさい

親に怒ってもいいんですよ。

きっと親に悪氣はなかった…
なんて親をかばう必要なんかない。

あなたが もし苦しんだ、
あなたが もし傷付いたならば、
あなたがあなたの人生の主役だ。

それは、そこに、ある。

なぜ親を氣づかうように
それを大切にしないの?

それぐらいお母さんがお父さんが好きなんだよね。
もし2人が仲良くしてくれたなら、自分に笑いかけてくれたなら、
自分なんか犠牲にしてもいい、と
ずっとしてきたんだよね。

でもさ、
後悔したくないならどうしようか。

このまま自分を犠牲にして終わろうか?
それとも自分人生の人生を生きる為に、
自分の幸せと愛する今の伴侶の為に、
勇氣を出す?

今と違って氣を使わなくていい
信頼できる男くさい仲間たちとワイワイがやがや
野球ネタや明日の仕事の段取りやら音楽やら。

円座になってその場でタバコふかしながら
身体を動かして労働した後のビールはきっと格別な味がする。

今ならまだ間に合う。

傷つけたくなかったから言わないできた、のではなく
傷付いたのは 自分だ、と。

それがあなたの勇氣だ。

 
 
 
人生に後悔したくなくば勇氣を出しなさい
タイトルとURLをコピーしました