”何が君の幸せ 何をして喜ぶ”

子どもの頃、大好きだった絵本。
繰り返し読んだ本でした。
わたしの心の支えだった、本。

5本指の、あんぱんまん、と
ひらがな表記の第1版。
 
「はやく、ぼくの顔をたべなさい」
誰と戦うでなく、困った人の側へ。

美味しい物を届けて、平和な場所へ送り届ける。

あなたのしあわせが、わたしのしあわせ。
殺し合うのではなく、
温かく、ほんのり甘くて、心と身体が満たされる
あんぱんを届ける。
どこまでも、届ける。


後々のアンパンマンになって
わたしはやなせたかしさんに
裏切られた氣がして、嫌いになった
こともありました。


あんなのはあんぱんまんでは
ないと。

歌詞には、第1版の精神が
込められるんだなあ、と。


関係ないけど
たまにアンパンマンの顔に
チョコレート入れてるパン屋さんいるけど、
やめてください…

それ、あんぱんまんじゃないから。


祖母のルーツである四国、
やなせ先生のお墓参り、
いつかしたいと思います。


やなせ先生は、手のひらを太陽に
を始め、三越のデザインやら
本当に息の長い作品を。

そして思想家だったなあ。



タイトルとURLをコピーしました