アダルトチルドレン が成長し大人になるとはどう言うことか

本当に大切なもの、とは何か
本質を知りたい、
 
その為には、
わからないことをそのままにしないこと、と言うか、わからない状態から逃げずに、考え続けること、です。諦めずにやることです。
わからないからいいや、ではなく、
意味がない、と自分勝手に決めつけないでください。
 
分かるのは明日かもしれないし、5年後かもしれません。こうなると更にあきらめたくなりますか?
 
しかし生きることにマニュアルはありません。
いつ分かるか、またいつ出来るか、そんなことに決まりや目安は本来はないんです。
それを今の人は忘れてしまっている気がします。とても重要なことなのに。
 
わからない?なら、
ただただ何度も読むことです。
 
あなたはわからない状態が嫌でしょう。
しかしそれに耐えることしか真の理解は得られません。
あなたが自分で知る、理解する為には、あなたはあなたが分からない状態と時間にあなた自身が耐えなければ知ることは出来ません。
 
出来ない自分、分からない自分から逃げるのではなく、耐えることこそ自分から逃げないことです。
自分から逃げたらいけません。
 
そもそも、
わからない自分だから勉強する、のだから。わかる、出来るなら、する必要ないじゃないですか。
 
 
出来ない日々、わからない状態にいかに忍耐を持って向き合うかどうか、それが真の勉強です。つまり理解出来るかどうかはそうしたことが継続出来るかどうかです。
その時間と努力が成長になるのだから、行動しない限り前には進まないのは当たり前です。
 
結果、知る、は時満ちた時に向こうから来るもの、あなたが焦ろうが、意味ない、わからないと叫ぼうが、あなたの準備が出来ない(=能力や成長)限り、やってはきません。
 

ところでタイトルにある、
大人になるとはどう言うことでしょう?
 
 
答え、
それは自分の出来ない、わからないを認めること、を受け入れること、です。
子ども時代の根拠ない自信の夢=万有感から卒業すること。
だって大人になる、とは実際の現実の自分を客観視出来ることだから。
 
大人とは理性的な部分(左脳的)では自分の殻から出て、客観視=メタ認知出来る、と言うことです。感情的な(右脳的)部分では、前にも書きましたが世界や自分、他者には信頼感があることも
アダルトチルドレン と幸せな人の違いとは
本来のあなた、で生きるのは勇気がいるね本来のあなたに近づくと躊躇する人は多いのであります。本当に多いのであります。 あなたらしく生きる為にそこを覚悟して飛び込むか、やめるのか、それはその人の選択だね。怖い理由、それは自分を明け渡すか...
安定した大人には必要なことでしょう。
そうしたらバランスの良い大人へあなたは歩み出している。
 
自分に出来ない、から、他人に依頼出来る、依頼してやってもらうと自覚出来るから
心から感謝出来る。
または自分はこれが出来ないから上達させようと練習できる、どちらも選んで自らやれる、これが自立です。
一人で抱え込むことや、意固地に自分で何もかもやろうとすることが自立ではありません。
 
バランスよく臨機応変に場所場所により、自他ともに適材適所の素質を見抜き、
お互いに協力し合えること、これが自立であり、自律した精神と行動なのだから。
 
タイトルとURLをコピーしました