わたしがもらった”母の愛” ”父の想い”

母へ

 

わたしは生まれつき心臓に欠陥がありました。

未熟児として生まれ、飲まない、笑わない、動かない。

産まれてしばらくは保育器に入っていました。

 

 

わたしは目が見えていないはずですが、

そのガラス越しに見た風景を覚えいます。

 

 

母は大変だったと思います。

 

 

2歳になる直前の年末、突然ぐったりしたわたしを抱え

近所のかかりつけのお医者さんに飛び込んだ時、

 

恩師であるそのお医者様は母の顔をまっすぐ見て言いました。

 

 

「今すぐに大学病院へ行きなさい。

年末で嫌がられようが、どんな顔をされようが

絶対に、帰ってきてはいけませんよ。」

 

 

案の定、診ることすら断れた母は居座り続けました。

冬の寒い時期、しんしんと冷える電氣すら嫌がらせで

消されたロビーに15時間以上、居座り続けてくれました。

 

 

根負けした病院が診た瞬間、

医者の顔色が変わったのが忘れられないと母は言います。

 

 

ばたばたと慌ただしく入院準備が始まり、

私の長い病院生活が始まったのです。

 

 

大人になって思うに、かかりつけのお医者さんも

わたしの状態は心臓だろーなーと注意して

経過を見てたらしいのですが、母にはパニックになると

言わないでいた、とか、

年末のあの日、大学病院に先生が知らせてくれたら?とか色々疑問は

あるのですが、まあ、そうした昔の事情だったのかと思います。

 

 

なにはともあれ、わたしは命拾いをしたのでした。

 

その後弟が生まれ、色々あったけど、わたしの命を産み出し、

救い、育んでくれたのは、やっぱり母でした。

ありがとう、まだ面と向かって言うことは難しいけれど。

 

 

ただ、今わたしは中学の頃に誓ったことがあります。

家を護る為に、母の家系の女性たちが

苦労した女性の呪いはわたしで終わらせる、と。

 

母をあの土地と家から開放するんだ、と。

 

わたしには娘がいます。

娘はわたしはお姫様♡とか言って育っています。

 

もう、大丈夫。

 

どうか、自由になってください。

お母さん、あなたはもう自由です。

著作者:inoc

父へ

 

甲子園のサイレン、あれを聴くと子どもの頃から

意味もわからず激しい感情がこみあげてきました。

 

”表現できない安堵感と懐かしさ、強烈な青空、

そしてどこまでもどこまでも続く解放感”

 

 

父の戦争体験を聞いたことがありましたね。

その時、あなたは言いました。

 

 

玉音放送がラジオから流れてきて、

聞いた後畑に向かって水をまきながら、

戦争が終わった!戦争が終わった!戦争が終わったんだ!!

と思った時の安堵感、それと

すさまじい解放感と青かった空を。

 

 

あの時、泣いた人などいなかった。

終わった、終わる、終わったんだ!

とみんなほっとしていた、と。

 

そう、畑で見たあの時見上げた空、と。

 

あなたのその強烈な体験はきっと細胞に深く刻まれ

わたしに伝わったんだと思います。

 

 

甲子園の側で生まれ育った父。

だから甲子園のサイレンでわたしに

父から受け取った記憶が呼び起こされるのでしょう。

 

 

身体に氣持ちが残るというけれど、そうなんです。

細胞に想いが刻まれているのをわたしは知っています。

あの強烈なシンパシーは無視しようがありません。

 

 

父さん、あなたの記憶、確かに受け取りましたよ。

 

引き継ぎましょう、二度と戦火が起こらないように。

わたしは行動していこうと思います。

*  *  *  *  *  *  *   *   *  *  *  *  *

 

記憶は細胞だけではなく、空間にも、物にも残ります。

自殺の名所とか、どことなく感じるでしょう?

 

ふと、わたしは思うのですが(妄想とも言う)、

量子力学の言うゼロ・ポイント・フィールドにあるのは

知恵とか知識で、感情は身体や空間に残されるのではないか、と。

※訂正追記10/22 ゼロ・ポイント・フィールドはそこかしこにありました。なので空間の感情もZPFでございました。 まだまだ勉強中…。

土地に、物に、記憶は残るから。

 

なので皆様どうか、日々をなるべく氣持ちよく過ごし

次世代へと歓びのタイムカプセルを引き継いであげてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました