本質

感想、その後のクライアントさん

日本にあった物や人の本質を見抜く力

古来、日本人は人材の適材適所を見抜く人々が”頭”となって尊敬されていました。   大工の棟梁の仕事は建てるその土地の風、 湿氣、陽当たり全てを読み取り、   木材もズレが出てはいけない柱には、素直な木を。 反対に揺れが欲しい部分には、柔軟な...
タイトルとURLをコピーしました