あなたが本当に手に入れたい幸せ

あなたが手に入れたいモノって
なんですか?

手にしたら、
幸せだ、欲しい、と渇望しているモノ。

 

大金が手に入った、とか

大きな家に引っ越した、とか

仕事で大成功、とか

素敵なパートナーが見つかった、とか

 

なんでも良いのですが、
そんなことかな、とわたしは思うのです。

 

いえ、そういったことでももちろん素晴らしい。
頂けるなら、わたしもゼヒゼヒあやかりたい。

 

ただ、本当の幸せなことって
その引き寄せた人の笑顔の温かさの中に
あるかなと思うのです。

いや幸せだから、きっとその人自身の光が強くなり
それが見ている人、周りの人を温かくする。

 

子ども向けの番組ですが

地球ドラマチック 「海からの使者 イルカ」 2016年8月20日 NHK Eテレ

【語り】渡辺徹 2015年フランス制作

 

この中に61歳の人類学者のヤン・プローグというオランダ人が出てきます。

イルカが主体の番組なのでヤンの半生を詳しくは取り上げていませんが
深刻な病に陥り、長い苦悩の日々の後、全てを捨て、
アイルランドにたどり着いたようです。

番組の画像に映る彼の住処は
家ではなく、バンの後ろに毛布を詰め、
ボロボロの車内で暮らしている様子。

そして海の見える高台で、車を寝床に1人、暮しているようでした。

もちろん、トイレもお風呂もない…。

そんな暮らしをどうやら15年ほどしている。

 

彼は言うのです。

「今までにこんな幸せを味わったことはない。

今が一番幸せだ」と。

 

彼の笑顔は確かに満たされていました。

遠い日本に暮らす、縁のないわたしですら、胸を打つ笑顔でした。

 

真相は定かではありませんが、
学者さんなら
きっと彼は祖国では立派な家に住み、
家族もいたかもしれません。

 

ただ今、彼はアイルランドのヒースにたった1人、バンで暮らし、
イルカのダスティと泳ぎ、その交流の様子をブログにあげる日々。

世界中からそのブログにはアクセスがあるのだそう。

 

動物学者じゃないからダスティのことを自由に書けるのもいい、と言っていた彼。

ダスティが身も心も救ってくれたのだと言う彼。

 

彼は本当の自分にとって必要ない、すべてを捨てて
彼にとって大切な、大切なものだけを手中に暮らしている。

そして多分、ヤンさんにとって大切なモノの中には自由もあったのかと。

自由になるには、所有物は時に邪魔になるから。

 

こんなのいや?
そんな人もいるでしょう。

いいんです、これはヤンの幸せだから。
本当の幸せって人によって違うから。

 

良い学校に入った、
お金持ちになった、
こんな素敵な物が手に入った、
そんな他の人に自慢するようなものではなく

 

きっと他の人には自慢にならない、
他人が見てもうらやましくならない、
ただただ、それを手にしたあなたを見た人が温かく感じてくれる。
あなたの幸せを心から願ってくれる。

 

それが本当のあなたの引き寄せたい、
あなただけの幸せなんだと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました