心理セミナーや養成講座を受講した人がどうなるか、どうなったか

初めて来る人たちは、
様々な想いを抱えていて
救いを求めて意を決して飛び込んでくる。

いきなり声をかけられて
風船が破裂したように涙を流す人、
電車にやっと乗れた人、
なんて人もいる。

それは不登校の子ども、
夫や家族とのコミニケーションがうまく行かずに孤独になり、
人にはなかなか言えない様々なものを
抱えた人がすがるように来ているからだ。

 

わたしはその雰囲気をよく覚えている。

だから、今、ふらりと養成講座の同期だったカウンセラーやらコーチやら何やらを起業した人たちを見るとがっかりする。
なんでこんなになっちゃったんだろう。

そう思うから。

心理療法の本当の目的は
その人の内部のバランスをとり調和をもたらすこと。
その調和がとれた状態を本来の自己、つまりあるがままと言う状態のベースとする。
が、常に調和があるかチェックしそこに戻れるように自己鍛錬が必要になる。
またそこから自分の持つ才能を努力によりより好く自他共に活用する道を歩む=自己実現への道、であって、

一部のグループの人たち曰くの
ミラクルが起きること、は、
歪みを生む強引な現実化で。
(本来の引き寄せは、自分に合った人と話しやすくなる、巡り会う、と言うことは起きる場合もあるが、我欲を強引に現実化するものは後に歪みを生む。
ひらたく言うと借金みたいなもの。ただし支払いはお金だけでなく自分の幸福感や本来の自己を見失う、などと言う目に見えないモノの場合もあり
残念なことに余計に失ったことに本人こそが一番気が付かない)

こう書いてもわかりにくい。
そうだよなあ。

この前たまたま自己実現の道を歩んでいる人がテレビに出ていたので次の記事にしてみたい。具体例で書かないとわかりにくいだろうから。

 

話を戻す。

わたしは話しが合わなくて養成講座での付き合いはなかったり、グループからすぐ抜けて一人でカウンセラー活動をしている同期の人たちやら先輩やら後輩の人、
そして講師自身を遠くから眺めることをしてきた6年間は、心理療法やら催眠、洗脳的、集団洗脳なものの怖さを示唆してくれたと思う。
本当にその人たちのその後を観察していく中で沢山学んだ。

同期の人たちも、先輩たちも、後輩たち(対面で会ったことはないが)も、講師も、
今、本当にバランスが悪い。

心の均等が崩れたまま、
壊れたレコーダーが如く、

わたしは癒された!
本来の自分を取り戻した!
さあ、いたわろう!
クライアントさんから安心出来る人と言われてます!信用される!

と叫んでる。

 

うーん、
本当に癒された人はそんなことは言わないのではないか。

仮にあなたが女性だとしたら、
初対面の人に
わたしは女です!と主張しないように。

わたしの心理療法を受ける人は
正直な話、
わたしのことを本当この人大丈夫?
とか
セッション受けながら、
これ何?
意味あんの?
または他にもカウンセリング受けたことある人だと
また同じようなことさせられる…
(身体の感覚感じてみてって言われた…またかー)とか思ってんじゃないかなー、とか思う。

そりゃわたしも優しそうな人だなあ、とか感じさせられたら良いだろうけど、まあ、どうなんだろう、そう言われたことは面と向かっては言われないかも…?
ようやっと前より良くなってきたけどまだまだ病後無理を繰り返した身体は回復期の途上だし。

とは言え、それが今のわたしなので、
それ以上でもそれ以下でもない。
この、わたしで赦して頂きたい。

それとセッション3回目ぐらい迄は、
特に、こんなの何の意味があんの?
とか思ってるのではないだろうか。 

 

そんな感じに心理療法って
ある意味では本人が気が付かないようにやるもので、と言うか内面が変化するのはゆっくり静かだから。
セッションの終わりはだから終わりではなく始まりでもある。セッションはあなたの中で生き続けるからね。

一回やったセッションの半年後に、
ある出来事をきっかけに、
あ、わたし前と違う、変わった!とセッションの効果を感じて一年後に複数回受けにくる覚悟を決めて戻ってくるなんて人もいる、もの、なんです。
またはしばらくしてから、とか。

色々と過去と対峙して思うからなんでしょう。が、わたしは聞かないから理由は知らない。扉はいつも開いてるから、来たらどうぞ、しばらく離れたいなら、どうぞ。
出入り自由、それが心理療法だから。

けど養成講座なんか受講して、
下手にやり方のマニュアルだけを手に入れて本来の目的やらやり方を理解しないで、
変わりたいと焦って下手に使って更に潜在意識をめちゃくちゃに汚す人
とか、

カウンセラーとして認められて家族から満たされない心をクライアントさんから求めようとすると下手な自己暗示や、組織の暗示で洗脳されてどんどん自己不一致の道に加速度的に進んだ成れ果て状態に。
一回洗脳や暗示にかかるとその回路が出来るから簡単なんです。
悪いものを入れるのもね…。

良いものも、悪いものも、どの回路を作り強化するかだから。早速これ書いたらもう真似してる同期のあなた、本当中身空っぽなんだね。
キメラみたいに様々なモノをかき集め、真似して、そんなんで本来の自己一致になる訳がない。

そうそう、今日あなたの夢を見たんだ。
話したことなんて数回しかないのに不思議。まあ、だからこれを書いた。あなたに、そして似たような人に向けて。

 

養成講座から起業する人は、その後セミナー、コンサル、他様々、まーいっぱい行くからね。そこで雪だるま式に洗脳されていくのです。
で、ますます学んだから、世間の思い込み、父母からの価値観から解き放たれたー!って思ってるけど、
いやいやますます、そのセミナーの価値観に染まっていく姿をリアルタイムで見てきましたから。

なんとも本当に悲しいです。

悩んだ姿、最初の雰囲気を覚えているから。あの時の方が、みんな悲しくて辛くて、苦しんでた。
でもその人自身が時折、垣間見えた。

今は違う。

わたしは癒された、と叫びながら、
似合わない服や化粧をつけ、
わたしはスゴイと余計に心身共に頑なに、
武装している。
無理してる。
誤魔化してる。
わたしには過去のあなた、泣き顔だったかもしれないけど、あの頃のあなたの方がわたしには美しく感じる。

美しいとは造形では表せない。
内面からいかに真実が見えるか、じゃないか。
だから人間として魅力的だった。

それゆえに本当に悲しい。

本来、心理療法は悩んだ人を孤独から救い、その人の魅力を引き出すものとして使うべきものなのに。

しっかり理解して正しく使わないと自分自身を見失わせる道具になる。
本当、観察してきた人は自分を、家族巻き込んで見失ってる。
残念です。

だからわたしはお茶会とかの中途半端な意味のないことは開催しないし、薄利多売なメニューも作らない。安売りやらもしない。
心理療法はお得だから受けるモノではないから。

やるならしっかりと心理療法をする。
はは、お茶会とかではワークしないから大丈夫だよ、何言ってんの?って言うんだろうなあ。
悪いけどこちらがワークをするつもりがなくても、悩んだ人はわたしを前にしたら心を開きだすよ。
だからあなた方みたく自分の心を見たくない人は、わたしから逃げるよ。最初に書いたけど、わたしの印象は、優しい人、とかより人により複雑な印象を受けるようなんだから。

あのね、因みにネットってまるで世界中の人と繋がれて世界が広がるってイメージあるでしょう?
でも実は検索やSNSの仕組みは、
類友ばかりに導くから、
あ、他者もそう考えてる、
同じ仲間がいる、って結局価値観が重複し強調される結果、その考えってわたしだけじゃない=なんか正しい(みんなで渡れば怖くない赤信号、多数が正義)になり
結果、自己肥大するだけで世界が広がるどころか矮小化し頑固になる。
あなたがしてるのは、それなの。

だから、
どんな最先端だろうが、
全ては使う人間しだいなんですよ。

 

また話を戻します。

だから心理療法を行う人は、その危険性をよく理解しクライアントがそちらに行かないようにする潜在意識内にいる時の命綱を握る方法を教えなきゃいけない。
それたら危ないんだよ、本当に。

わたしもセッションではしつこく練習してもらいます。感覚も、これが正しい道だよ。もう一回やって、覚えた?
じゃあ一人でもう一回しよう、って。

なんでもし、あなたが受けに来てくださるなら、お願いします。
そこは繰り返し練習してください。
じゃないと危ないからね。
どんな人も光と影を内在しているから。

 
 
タイトルとURLをコピーしました