ブログやホームページ、及び講座内容やセッションメニューを許可なく真似するということ

わたしの家は機能不全家族でした。その中でアダルトチルドレン として、お世話焼き、と、スケープゴートの役割を担い生き延びた わたしの唯一の逃げ場であり心の拠り所は、離れて暮らし、たまに泊まりに来た祖母でした。

祖母もまた、夫を早く病死で失って家は戦火で無くなり子どもの家を転々とした生涯で苦労したと今振り返るに思います。

そんな祖母は産まれは戦前の御姫様だったので常に朝は一番に起きて身支度を整えて化粧をしない顔は見せずパンツにまでアイロンをかけ、生涯日記を毎日綴り、自ら死に装束を整え準備怠らずな人でした。

子どもの頃のわたしには祖母が泊まりに来るのが楽しみで楽しみで、母がくれなかった安心を、そして さり気ない日常の営みを、大変短い日々でしたが教えてもらったと思います。

そして毎日亡くなるまで1日も欠かさずに日記を書くぐらい筆まめで。そんな祖母は幼い頃から手紙をくれ、わたしに手紙の交換を通し喜びや温かみを教えてくれました。

今ブログを書いたりクライアントさんとのメールのやり取りの根幹には、祖母とのやり取りがあると思っています。

だから わたしは
クライアントさんに、
また、
生きづらさを感じている人に、
そして心傷ついた人へ、
少しでも生きる勇気を持って欲しい、
生きる喜びを感じて欲しい、
そう願いが届いたら良いな、と、
このブログやホームページを創っています。記事を書いています。

しかしながら、
この活動を始めて2年半になりますが、カウンセラー養成講座関連の同期だった人、先輩、先生、後輩で会ったこともない人たち、更に、全く縁もゆかりもない見も知らぬ人びとから、記事からキャッチフレーズから写真セレクト、わたしが紹介した偉人の言葉から、さまさまなものを真似をされてきた2年半でもありました。
ある人はわざわざ真似をしていることをわたしに知らせて下さる程の念の入れようでした。

このことを踏まえて、わたしが心底悲しく思うのは、

たった独りで自分が悪いから、
ダメだからこんな目にあうのは仕方ない、そう苦しんでいる人へ、
自らの人生を諦めそうになっている人へ、あなたは生きる価値がちゃんとある、
誰にも生きる意味があり、
成し遂げることがあるから居るのだ、と、

わたしの真心を込めて綴っているメッセージを真意を理解することなく、

便利だからなのか簡単だからなのか、他人の一生懸命考えたものを、
真似してしまおう、と思うような 、なさけなく、かつ、志の低い人たちに使用されていること、です。

そしてわたしにとり大切な祖母との想い出を踏み躙られたに等しい。本当に憤りを感じます。

わたしがアメブロ をやめ、わかりやすいところに行き先を書かずにいるのはその為です。これらの人を連れて行きたくないのです。これらの人はある日アメブロ を訪れ記事が全てないことを知るでしょう(2022年1月追記)

また同時に大変憤りを感じるのは、
そんな人たちがカウンセラーや心理セラピスト、コーチ、セミナー講師、その他の施術者を名乗り活動していること、です。

そんな人たちのセッションやセミナーには効果はありません。
これにはちゃんと理由がありますので、
後日記事にします。

最後に。

全文の転用ではなくとも、部分的、ネタ的であろうとも、文章や想いは身体と同じです。ホールボディ、総体的なモノ、で始めて意味があり、文章自体に生命が宿ります。

切り取ったり、血が通っていない、
想いがこもっていない、
氣が通っていないならば、
それは 死に体 に過ぎませんよ。
残念ながら。

他人から盗んだモノにあなたの想いが乗ることも、盗んだ本人が物事への真の理解も叡智も得ることも出来ません。また文書装丁など表面上は模倣出来てもセッションやセミナーの実力、講座の真価は盗めません。

また

真似をすること、
他人から盗むこと、
嘘をつくこと、

これらをすることで実は
自分で、自分を一番傷つけていること、
そして
 あなた自身が、あなたをもっとも蔑ろに蔑んで嫌っているのだ、ということ、
それらを自ら暴露しているのだ、と

これらのことに
いつかあなた方が本当に氣がつき、理解し、真摯に本物の反省が出来る日が来ることを心から祈ってやみません。

また その事に氣がついた時、
それこそが、やっと、
あなたが本来のあなたに至る道へ行くための準備の一歩となるでしょう。

 
タイトルとURLをコピーしました