第四チャクラの色の成り立ち、そして無条件の愛について

第1チャクラから第3チャクラまでは
地球に足をしっかりと立ち、
自己を確立する為のもの、
と言われています。
 
 
第6から第7はゼロポイントからの
叡智を。
 
 
そして天と地を融合する
場所がハートである
第4チャクラ。
 
 
身体の真ん中に存在し
母なる大地と父なる空が出逢う場所。
 
 
だからこそ、緑。
緑を反転させたら赤。 
熱い情熱の色。
物事は陰陽の世界だから
反対色の性質も含みます。
 
 
 
そして、緑は大地を潤し
そびえ立つ、大樹の象徴。
 
木は何も言わず
酸素を出し
葉を茂らせ
水をたたえ、
時に果実の実りを
私たちに提供してくれる
 
日が強ければ、日除け
爽やかな風を
雨宿りの場所を
 
 
無条件の愛とは
そんなものかもしれません。
 
 
 
自分を、相手を
すべてを、
 
全力で信頼し、
そして、待つ。
見守る。
ただ、待つ。
 
 
 
ゴトーを待ちながら
待つ
 
古今東西、待つをテーマに
名作が生まれましたね。
 
 
 
確かに、待つとはなかなか難しい。
しかも信頼するとは
心穏やかに
手放すことですから。
 
 
さ、本日も皆々さまにとり
良き日でありますよう。
 
 
タイトルとURLをコピーしました