陰と陽のバランスの取れた潜在意識の奥底である”魂の場所”はこんな感じ

自己回帰セッションの時、時間が余り希望された人を潜在意識の深淵へ、
本来の自分、魂の場所へ、
お連れすることがあります。

セッションの目的が深淵の自分へと繋がる道を開くことだから。
その道を辿り、行く。
だからセッションが終わる頃じゃないと連れていけない。
行くとわかりますが、
決して華やかな場所でも、
光り輝く世界でもない。

ただ、そこはいつか、あなたが行く場所。
いつか、あなたが還る場所。
良いも悪いも平等に、
全てが安寧として存在する場所。

明るくもなく、かと言って暗くもなく、
うるさくなく、しかし静けさだけでく、
ただ、全てが存在する場所。

そこへ行けば、光が良いもの、とは思わない。闇が悪いとも思わない。
全ては必然として支え合っている存在だとわかる筈です。

わたしはそこへお連れする時に
クライアントさんそれぞれの感想が面白いなあ、と
いつも思います。それぞれに表現が違って個性が出て興味ふかい。

時にそこから還りたくなくなる人もいますが(安定してる場所だからね)
まあ、今は現世に戻りましょうか。

生きるためにね。
不安定だけれども、不安定だからこそ、
挑戦できる今、この時、この場所へ

そこを求めて、
そこを目指して、
そこと生きている間、
どれだけ頻繁にコンタクトすることが出来るか、を挑戦するために。
人は自己実現を目指しています。

ただ努力しないと、そこへ至る道は保てません。
それが、あなたがあなたであることへの、そして自他共に慈しむことへの成長の証でもあるのだから。

 

 
陰と陽のバランスの取れた潜在意識の奥底である”魂の場所”はこんな感じ
タイトルとURLをコピーしました