世界中で天候が激変しています

西日本 記録的豪雨、言葉もないです。 
心よりお見舞い申し上げます。
そして、御冥福をお祈りします。

直接自治体への募金方法こちら


また今、強烈な台風が沖縄、
宮古島に上陸します。
早めの早めの早めの避難を。
 

まさか、まあ、大丈夫
今まで平氣だった、
とは言わず、

少しでも不穏な氣配や天氣があれば
大げさな、と言わずに場を離れてください。命を守ってください。


世界中で天候が激変しています。

シリアは砂漠の街に洪水。
ペルーではあまりの寒さに200人以上が
亡くなり非常事態宣言。
南アフリカで150年に一回の雪。
火山噴火も多く、関東も揺れました。

 
 
電氣が途絶えることもあるから
避難する際は夕方の陽がある内に。

水は足首より高い水位になってしまったら
普通に歩くことは困難です。
膝丈になったら身体の弱い子ども、
お年寄りは足を取られます。


また色々な災害時に案外危険なのは
車で逃げること、です。
車は水に弱く、道路が限られています。

また、車だから一時間であそこまで行けるとか、
徒歩なら減らす荷物をこれも持っていこう、という
変な余裕が避難のタイミングを遅らせている氣がします。


何も起きる前の徒歩、(この時点なら車も)が一番安全です。
徒歩でも離れられるぐらいの早い時の判断、対処が命を守るからです。


地震なら、起きた後にSNSにアップや家族に連絡ではなく、
避難や地震対策をしましょう。
生きていたら、会えます。

だから、命の確保が先。
避難グッズの確認や手元に置く、電氣があるなら充電をしておく、
窓や玄関、トイレなどのドアを開け、
外に出れるルートの確保に、充電が終わったらブレーカー落とし。
あと、トイレの確保。

家族との連絡などは地震が起きる前に打合せをすませておく。
(避難場所はここ、手書きのメモがここに残す、など)


先程も書きましたが、
ここ数年世界中で暑さ寒さ雨が満遍なく循環するのではなく、
局部的、集中的、長期な現象が起きています。

自然の力に人間は勝てません。
天候の変化は農家の方や漁業の方などが一番身に染みていらっしゃるでしょう。

どうか少しでも大難が小難に、
小難が無難になりますよう。
 
 
タイトルとURLをコピーしました