知識があるか、より、自分と本氣で向き合う真摯な氣持ちが、あなたを変える

クライアントさんの中には
カウンセラーさんもいたりして
トレーニング受けてきた、
講座?なんでも良いですが
金も時間も(10年間とか)…

しかしですよ、効果をモノにしたり
自分でもグングン進んでいく人は
本氣度が一番違う。

 

課題をしっかりやる、
わからなきゃ聞いてくる、
とか、
人によって違うけど、でもなんだろう。
やる氣、氣迫が違います。

こちら(施術者)がしてくれんだろう、
とか
わたしは色々学んできた、
いっぱい知ってる、知識がある、と
頭デッカチな人は…

 

でもねえ、知識は使わなきゃ意味ないです。
が、大抵頭デッカチの人は、
そもそも質より量に偏りがちで、本質を理解されてない。
(だから長い間、とか、色々いろいろ彷徨ってる間に頭でっかちに・・・。)

更にカウンセラー自体を目指しちゃうタイプの人はセミナーとか真面目、デモセッションなんか一言一句書き留めたりしてるよね。
質問もいっぱいしたり。

 

でもなんだろう、色々見てきて思うのは、
カウンセラー(施術者)を目指しちゃう人は
正直自分の問題から逃げてる人が多い氣がする。
自分にまず知識は使わないと。

カウンセラー養成講座の時のグループLINE、
コーチングでのグループ、アシスタント時代のグループ、
大半が、他人にはしたがるけど、自分にはあまり、という傾向が。

だから自分的には行動しないか、
またはしても、その課題自体、
または課題のやり方を自己流に解釈して違うことしてる。

 

でもさ、今まで自分を変えたいって色んな本当読み漁り、セッション受けたかセミナー通ってきた、んですよね。
で、上手くいってない、んだから、
その自己流アレンジ、を、つまりやり方を、手放さないといけないんじゃないの?
効果が出るやり方、を学びにきたんだよね?
素直にやってみようや、と。

 

で、最後はやっぱり
やる氣、には敵わないですよ。
知識より、やる氣。
絶対だって覚悟。
と言うこと。

 

わたしは朝にクライアントさんに返事をすること多いのですが、返しつつしみじみ思った今朝のこと、でした。

 

タイトルとURLをコピーしました