マクロビ=玄米菜食じゃないんデス

急に寒くなってきました…。

というか今年は湿度が高かったり、
アップダウンが激しかったり、年のせいかついていけません。(´д`lll)
(先週はクライアントの皆様に日程変更等でご迷惑おかけいたしました。
ワガママ聞いてくださり、本当にありがとうございました。)

さて、
「なんか、お野菜と雑穀でいい感じのカフェで~
お野菜いっぱいとれるの~
体にヤサシイんだよね♪身体の中がキレイになるっていうか
マクロとかっていうんだっけ?」

なんてたまに聞いたりしますが。

ここ5年ぐらいはローフードやら
酵素やらなんやらなのかもしれませんが。

わたしはマクロビの師範どころか
直接習ってもおりませんが、
もともと有機野菜の宅配会社で働いてまして、
周りに師範やら、
がゴロゴロおり。

会社自体で料理教室のような部門があったりして企画やら授業に参加しておりまして。
多少知識はあるのでございます・・・。

そして師範の友人たちと共に、
どうしても声を大にして言いたいことが。

マクロビって、単なる玄米菜食じゃないんです。

あれは”食”を発端にした哲学で、端的に言えば
”宇宙の法則から、食を考える”
ということです。

どういうことか、と言いますと・・・

ここでブッタに登場してもらいましょう。

なんでやねん(@ ̄Д ̄@;)

でも好きな言葉なんだもん。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ブッダ:「シュローナ・コーティヴィンシャ、お前は琴の名手だった。
お前が弾いてくれた琴の調べがまだ耳に残っている。もう琴は弾かないのか?」

弟子:「琴を奏でる時間があれば、坐を組み瞑想したいと思います」

ブッダ:「熱心だな。お前ほど熱心な修行者はいない。
しかし、シュローナ・コーティヴィンシャよ、
琴の弦は緩すぎても強く張りすぎても良い音がしないのではないか?

弟子:「仰せの通りです。緩すぎず強すぎず、
ちょうど良い張りをもつ弦が良い音で鳴ります」

ブッダ:「修行も同じだと思わないか?琴の名手、若き修行者よ」

(かっちょいーブッタо(ж>▽<)y ☆)

弟子:「……ありがとうございます。ブッダ。

私もこれからはちょうど良い張りで良い音を響かせたいと思います」

シュローナ・コーティヴィンシャは頭を下げたまま、ブッダに言った。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

という会話から中庸(正しい中間)が生きるに一番良いスタンスだと
説いた教えがあります。

で、マクロビオティックは食で中庸実践していくというものです。

物事(食物)には陰と陽があるという考えの下、玄米は中庸な食べ物なので
それを中心に、陰過ぎず、陽過ぎない食材の選び方、切り方、調理の仕方、をしていくものなんです。

ですんで、例えばマクロビオティックでは
食物事態を陰陽の表で分けるのから始まり
例えば肉じゃがのようなものを作るとして
同じ材料でも、切り方一つで

身体を冷やすのか
温めるのか

を変えることが出来たり(ノ゚ο゚)ノ

煮るのか、焼くのか、熱源でも変わるし、
はたまた土鍋か鍋の素材やらも影響します。
(電子レンジは温めたとしても冷やす、とか)

マクロのわたしは推奨者でもないのですが
妊娠した際に、身体を冷やす、と言われる陰の食物は食べた瞬間に吐き出したので
食物の陰陽は確実にあるな、と体感で確信しています。

なので、マクロが万能だとは思いませんが
自己流の玄米菜食、またはベジタリアンは
危険だとわたしは思っています。

下手に肉食やめると身体を冷やしすぎちゃうからね。

たまに外国の菜食主義者が癌になるのは、
そーなんだろーなーと。

大豆とか肉の代わりにしたりするけど、
大豆は身体を冷やすんですよねー、かなり。

だから豆乳や豆腐は冷えるんですよー(牛乳も冷えるけど)

なので、夏の枝豆は良いのですが、
冬は出来たら発酵した味噌が身体には望ましい。

上手な発酵は陽に転じます。大豆は冷えを呼ぶので
上手く陽に転じるには3年掛かる、と三年寝かせた味噌がいいのです。

市販で売られているのは自然食品でも大抵1年ものかな。
三年ものは三年とうたっています。または名古屋の豆味噌、これは三年寝かせてる。

玄米も調理法をちゃんとしないとデトックスがいきすぎて
必要なミネラル排除になってしまったり。

なかなかムツカシイ、とかね。

それに基本、中国の陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)も
マクロビも
身体の冷え=病気を招くと、で、
究極の冷え=癌だと言われてますよね。

と、寒くなってきたので身体を冷やさない方が良いので
こんな話題を取り上げてみましたが、

というかですね、

食だけではなく、なんでも
どちらかに偏るよりは色々なものはほどほどにすると良い。

中唐の状態に心も身体も戻れるようにするといいよねってことです。
肩の力を抜いて、自分のホームポジションに戻れるようしていきましょう。

あとね、乾燥してくるからね、
水をなるべく一日1リットル半は飲むと
美肌、目の乾燥などの疲れ目にもいいですよ。

お茶とかじゃなくて、お水ね。

著作者:ESA/Hubble & NASA,

タイトルとURLをコピーしました