あの日、あのまま

今日は1月17日…。
 
NHK特集を観ました。
震災の子どもたち
 
番組が大学の先生とアンケートを
とった結果、
震災を前向きに捉えているのが6割、と。
 
 
今は元氣、前向き、生きる意味を知った、
アンケートにそう書いても、
わたしはその人や写真や作文から感情や
心のエネルギーが観えるから、
そうじゃないのが良くわかる。
揺らぐ心、抑え込んだ涙、悲鳴、苦しみ悲しみ慟哭。
 
 
そう思い込まなきゃ、
生きてこれなかっただけで、
からだ(身)の中には
抑えた感情まだ、ある。
身体はその日のまま、時が止まったまま。
 
 
テレビ画面から伝わる重い心。
固まった身体、胸の悲鳴。家族への想い。
 
トラウマにあった人はそんな方が多い。
あれは過去だ、そう思い、カレンダーは何枚もめくり、数えきれないくらいめくり、
自分は歳を重ねても、なお。
心と神経経路はその時の、まま。
 
 
それが悪い訳じゃない。
それしかその時、生きる術がなかったから、あなたの身体は生き延びる道を選択したのだから。
 
結果生き延びた。
 
だからこそ次は、
あなたの時を動かして欲しい。 
せめてわたしの能力が必要な方の役にたちますよう。
 
何より、
あなたの人生が動きだしますよう。

 
 
タイトルとURLをコピーしました