あなたに隠したい過去があったとしたら、あなたはどうしますか

例えば、息子さんがいる親の氣分になってください。

はい、息子さん想像できましたでしょうか?

実はその息子さんは年頃で、

お嫁さん候補を紹介したいと言ってきたんです。

その女性はウェイトレスで働きながら、
一番優秀な大学に通う学生24歳の美しい女性です。

ただ、彼女はシングルマザーなので、3歳の息子がおり、その子の父親は麻薬常習者、過去に本人もドラッグ使用歴あり。

あなたは結婚をもろ手をあげて歓び、結婚を許せますか?

誰もが「ありの~♪ままで~♬」と
歌いまくっていた2年前の夏。

アナと雪の女王というデズニー映画の舞台となったノルゥェーで実際にあった話です。

出典:Jakob Nilsson-Ehle

そう、現ノルウェー王妃の物語。

メッテ=マリット王太子妃、が実はシングルマザーであり、
麻薬に手を染めたことのある女性だったのです。

メッテは幼少の頃の両親の離婚により

非行に走ってしまった彼女はパンクな生活に身を染め麻薬に手を出し、当時付き合っていた男性の子どもを身ごもることになります。

ところが身ごもったことがわかると男性は彼女を捨て逃亡。どん底のような時、彼女はお腹の中の子どもを守るべく立ち上がります。

麻薬と縁を切り、ウェイトレスなどをしながら猛勉強をしてオスロ大学に入学。(日本的に東大にあたる名門校です)

※北欧というと福祉が充実しておりノルウェーでは、シングルマザーの進学率も高く大学内に保育所が完備されていたりする。

彼女の意思の強さと、決意の固さ、また賢さを伺い知れると思います。

そして友人を介し、ロックフェステバルで
留学から帰ってきてオスロ大学に通う王太子ホーコンと
運命の出会いを果たすのです。

そしてホーコン王子は3人での同棲へと突入してしまいます。

ええ、皇太子なんで。

時期女王の過去がマスコミにばれ次々と報道されていく中、
さすがに国民は大反対。

麻薬パーティの過去!!麻薬常習者の子どもを身ごもったシングルマザーの王女?!

国民の9割が反対し、王室の支持率は急降下。

そんな危機をメッテはどうやって潜り抜けたのか。

彼女は婚約会見で正直にすべてを認め、
涙ながらに謝罪と過去との決別を誓ったのです。

「わたしの過去は変えられません。受け入れがたい人がいるのも知っている。
でも、未来は変えられる。
どうか未来のわたしたちを見守ってほしい。」

この会見で結婚賛成に94%の支持率をもってメッテは晴れて王室に入ることになったのです。自己開示の力は偉大です。

メッテは過去を隠さず、すべてを受け入れ、認めました。
その勇氣に見た人は打たれたのだと思います。

また、彼女が新しい自分に生まれ変わろうという姿は、わたしにもできるかも、という見た人自身の勇氣にもなっていったのではないでしょうか。

そしてそのメッテ自身の素直さと強さが国民に伝わったのだと。

わたしは素直さ、が一番のポイントなんだろうな、と思うのです。

なぜなら、

ホーコン王子はこんなことを結婚式で述べています。

私はいついかなる時も、他の誰かといるよりも、
あなたといる方がすごく腹を立てたことがある。

そして、いついかなる時も、あなたといた時のように
すごく弱くなったり、強くなったりしたと思います。

そして、あなたといた時ほど、愛に満ち溢れていたことはない、と断言出来ます。
つまり あなたは私の中にある全てを引き出してくれた。
皇太子である 私があなたを目の前にして、共に過ごすことで、
私は一人の人間なのだ、と感じることが出来ました。
こんな氣持ちにさせてくれてありがとう


出典:ホーコン王太子の結婚式のスピーチより
訳がわかりにくい日本語だったので意訳してます。

メッテは自分にも人にも素直だったから、
皇太子のような人の心を開くことが出来たのではないでしょうか。

皇太子であったとしたら、やはり民間の人間以上に腹を立てる、といったようなマイナスな感情をなるべく出さないように躾けられてきたのではないかと推測されます。

しかしホーコン王子は彼女の前では、
つい自分の感情を出してしまう。
怒りも、悲しみも、喜びも、弱さすらも。
これは男性にとっては手放せない女性ですよね。

ストレートににこにこ笑って、泣いて、怒って、また笑う。
そんな人の前ではつい同じようにふるまってしまうのではないでしょうか。

また脳科学の観点からも目の前のいる人の状態に引きずられてしまうことがわかっています。

今や3人の子持ちになり、麻薬撲滅運動にも力をいれホーコン皇太子以上に国民の人気者になったメッテ=マリット王太子妃。

彼女は生まれ変わることを望み、そして彼女は生まれ変わったのです。

※現国王自体も民間人に惚れてしまい6年間の恋愛結婚を実らせたこともあり国王自身の影でも後押しもあったということです。なにはともあれ、本当の愛を貫く人は強いですね。

過去の事実は変えられないけれど
過去の解釈も、自分の印象も、未来も、変えることは出来るのです。

また自分一人で、ではなく
受け入れ合えるパートナーがいるからこそ、お互いが更に成長出来た。

良い恋愛って、結婚生活も、
必ず二人共が穏やかに和やかに、周りにもオープンな人間関係を作り上げていきます。

いつでも、今から、今から。
今さらだとは思わないでください。

あなたが決めた時がスタートです。
さあ、今からはじめましょう。

タイトルとURLをコピーしました