傷付いたから、こそ出せる音色がある

広島で被爆された人がいた。
その人は共に被爆した木で楽器を作った。


その楽器はヤギの足を持つ音楽と牧畜の神パーンの名を持つパンフルート。
モーツァルトの魔笛ではフルートが代わりに奏でるが、本来なら高らかに響いた音はこの楽器の音色。


放射線は遺伝子まで傷つける強い強い禁断の光だ。チェレンコフの光は青くそれは幻想的な美しさで魅力する。ラジウムの暗闇で ほのかに発光する淡い光はキューリー夫妻の天才的な知性をも狂わせた。


ラクで好きなことだけ、
ここに居ればいい、たったこれだけで、
誰にも当てはまる3つの法則、
 
まやかしの言葉たちが放つ光に似ている。



だめな自分でいい、と
女は無条件で尽くされる、と
あなたの手足をもぎ、
わたしの素晴らしいエネルギーを浴びたら全て良くなる、と依存させる。

現代の脳科学で明らかにされた悲しい臨床データは、発達初期に安定した愛着の絆を育成出来ないとその後、感情を抑制する能力に低下をもたらす。そして感じる力を弱くする。
愛着障害はそれ程までに深く人を傷つけ、遺伝子をも変える。


必要以上の不安、抑えられないまでの怒り、恨み、我を忘れた妬み、喪失感、虚しさ、自己の中にある巨大な虚無感から逃げ出す為に、自分を忘れさせる為に依存に走る。虚無が大きければ大きいほど、刺激は強く派手でなくてはいけない。
危険を伴うスリルが刺激を呼ぶ。
リスクが大きい程、高揚感を味わえる。
また、あの感覚を!
そこまでしないと鈍った感覚を感じられない。感じない=生きていると実感出来ない、だから、求める。
求めてしまう、
もっと!もっと!!もっと!!!


その感情の激流から逃げ出す為に、忘れようとする為に、隠そうとする為に、強い刺激が望ましい。
アルコール、薬物、買い物、性依存、静かで目立たないが大多数の人がなっているスマホ依存、SNSを中心に一部の人が抜け出せない自己啓発、スピリチュアル、マニュアル型心理学のセミナー依存…


これがわたしのしたかったこと
求めていたもの、とのめり込み続けるか、違うモノへと移行するかは人それぞれだけれども、依存状態にある境遇は同じ。


それ故に、逆に、真の愛も、悦びも、感じられにくくなる。または感じない。

それは感じたら、怖いから。


自分に嘘をついているのが分かってしまうから。
自分が自分をいじめていることに、誰のせいでもない、自分が更に追い込んでる、ということに。
最初のキッカケは他者が作ったのに、それを繰り返えす環境に自らを置く様にした自分自身に氣がつくからだ。


無論、全て自分が悪い訳ではない。


だが、キッカケを作った親を愛するが故に
無意識に親の行動を模倣し、自らを罰し続け親の愛を請い続ける人がいるのは事実だ。

悲しいかな、そうして人は幸せや希望より、慣れ親しんだ不幸を選ぶ。




話を戻そう。

では傷付いたら終わりなのか。
徹底的に破壊され尽くしたら無理かもしれない。幼子の頃、虐待され命を落とすような、それは。


が、しかし、もしあなたがこの記事を読むだけの手足と目と氣力があるならば、
セッションや本物に触れてほしい。
それをキッカケとして、自らの人生を切り開こう、とする意思と勇氣があるならば、再び愛を取り戻せるだろう。
だって人は人によって傷つけられるけれど、人の真心によって傷を癒すことが出来るのだから。


傷ついても、いや、傷ついたからこそ、
深く響くこの音色のように。
あなたはより深い愛を取り戻せる。



自分をポンコツだとあきらめたらダメだ。

後者だ?しゃらくさい。
ダメ人間となぜ、
自らの尊厳を捨てようとするのだ。

価値がない?あなたを支えてきた、支えている命に、あなたはそれを言うのか。
価値があるから命をくれ糧になってくれた何万の命があり、親がいて、
今、あなたがいる、じゃないか。
その命に人の労力に想いや命までも捨てないで。


価値は行為では決まらない。
心根で決まるのだ。


あなたの真心を取り戻せ
あなたの心根を思い出せ


あなたが自分に価値がないと思い込んでいるとするならば、
それは あなたの中に今、あなたの真心が存在しない状態になっているからだ。
それが虚しさ、空しい、の真の理由だ。


パンフルート奏者はたくさんいる。
この人より有名なネイティブアメリカンの男性、その他、色々。


だが原爆の被災者であり、共に光に貫かれた木が その痛みを恨みではなく、こんなことは二度とあるな、もうわたし達の様な想いをして欲しくない。
平和であれ、と祈りへと昇華した音が、
どんなに有名人の音色より、あなたの心を開き、忘れていた真心の片鱗を呼び起こす。傷付いたからこそ、その無数の傷が奇跡のビブラートを創り出す。
傷付いたからこそ、出せる魂の音色だ。


人を癒す力を持つ本物の響きだ。

もし、あなたが傷ついた人ならば、
同じように その傷を誇りに変え、
あなたの深さに出来る可能性を秘めている。
あなたはそれを恨みや自分否定に使うのか、自分の可能性としてみるのか、
それは あなた次第だ。



ぜひ聴いてください。
真心がこもった音を。
感じてください、命の響きを。


本物には力がある、のです。
そして あなただって自己を取り戻し、
本物として生きなくては。
 

タイトルとURLをコピーしました