元気が出る歌

西に行こう、共に旅立とう
穏やかで高い青空の地へ
懐かしいなー。わたしはテクノは好きじゃないけどこれは好き。
明るい色の大西洋側の海に行きたくなる爽やかな曲。

サラブライトマンで更に有名になってしまいましたが、本当はボッチチェリの曲。盲目のテノール歌手である彼には、歌が彼の風景であり色だと思います。

これも旅立ちの、曲。

自分に立ち返る歌。

わたしはこれを聴くとモモを思い出します。ミヒャエルエンデの時の物語。
モモこそ最高な心理セラピストであり、真理に触れても溺れない人。
わたしの大好きな物語。
子どもが小学校一年生の時に半年ぐらいかけて寝しなに一年かけて読み聞かせた物語。

最後のシーンが特に好きです。
それぞれの人の刻=人生→花で表現されています、が、奪われた場所から、その人たちに還っていき、再び時が動き出す。

「おかえり、みんなのところへ、おかえり」

音楽は精神を安定化する力があります。良い音楽、には、ですが。なので皆さん良い音楽をー。好みでだけでなく…

元気が出る歌

↑モモは円形劇場に住んでます

タイトルとURLをコピーしました