【ご連絡】及び、理解するという事、即ち”ふに落ちる”について

先日、自己回帰セッションお試しを
受けてくださった方へ
 
宿題はしてくださってますか?
課題をする上での注意点を更にお伝えします。また他の方にも必要かと思われますので記事にします。
 
 
課題につき、
 
これ、どんな意味があるの?
どんな効果があるのかな…
 
そう考えること。
 
 
これはあまり良い思考の使い方には
なりません。 
また真の理解には至りません。
 
確かに解説すれば、
心理学、身体の側面からすること、
は可能です。
 
しかしその解説が必要なのは施術者側が
療法を理解する上での理論でしかなく、
クライアントさんの望みは自分自身を取り戻すこと、です。
 
 
では、浅い理論を解説され分かった風になるより、ふに落とすこと、へ行きましょう。それに至るには課題をただ、やる。
 

やり続けることである日、
何か変化がやってくる。
 
 
そう理解とは、真の答えとは
呼応、呼びかけたら、
向こうからやって来るものです。
 
やって来るまでは静かにただ行ってみてください。繰り返さなければ小さな変化に氣ずくことは出来ません。
非常に地味ですが、地道だから道が出来ます。
 
 
対局にあるのが、
 
なんなの?
これはどう言う仕組み?
 
です。
 
これは答えを追いかけることになります。
また浅い理解のセミナーや講座、セッションで満ち溢れる光景です。
その段階では単なる知識を知っただけで身にはなっていません。
 
 
ふに落とす、とは行動し、
身になった状態です。
 
 
また次の段階へ、出来たか出来ないか
不安でしたら連絡ください。
大丈夫か視ますから。
今、はちょっと浅い理解へ行く時があるのを感じたので書きました。
 
 
ただし、そのパターンで現代人は生きている人か大半です。
でもあなたは軸に戻ってもいる。
バッチグーじゃないですか。
ただ一人でこれ以上浅い誘惑に行かぬよう記事にしてお知らせしときます。
 
※あ、あとオイルをやる際は優しく。
押し付けないこと。

 
タイトルとURLをコピーしました