相手をライバル(敵)ではなくバディ(相棒)と考える

狩猟民族であるアボリジニは
個人財産を所有するよりも
「ケアリング&シェアリング」と
お互い助け合い、分かち合う精神を
重んじている文化を持っています。

そんなアボリジニを研究する
文化人類学の学者が
アンケートをとった回答に

”アボリジニの生徒はカンニングが多い”

という答えが多くありました。

最初人種差別だろうか?

と勘ぐったらしいのですが
よくよく聞き込みをしてみると
それがケアリング&シェアリング
だったんです。

「オレはその問題がわかる。
だからわからないヤツに教えてあげるんだ」

わたしたちからするとカンニングというと

わからないと恥ずかしいから
とか
なんとか点を稼ごうとズルする
とか
マイナスなイメージですが、
彼らの考え方は違うのです。


他人との能力のシェアの結果なんです。


昔、金があるヤツが金を出せ
力があるヤツは力を出せ
知恵があるヤツは知恵を出せ
ってありましたね。


それでいいのではないでしょうかね、
これからは。


無理して出来ないことを
頑張ってやるよりも
出来ることに注目して
その分野でそれぞれが
助け合っていくような世の中。



※ ※ ※

先日娘がこんなことを言い出しました。


小学校の文化祭の演目は
演奏で、リコーダーが大多数の生徒。
それに木琴や太鼓などが加わる形。


娘:  
「田中(仮名)君は木琴を
したかったんだよ。

でもリコーダーが出来ないと
木琴のテストが受けられないの。

おかしくない?
リコーダーが上手くないと
木琴のテスト受けられないなんて!

田中君はリコーダーはダメでも
木琴は得意かもしれないのに。」


娘がそのままの考え方でも
生きていける世の中になってくれればな、
と思いつつ。

タイトルとURLをコピーしました