”【もし未来が視える能力があったとしたら?】映画 「メッセージ」が教えてくれる量子的世界”

これは昔の記事で、今のわたしは
あの頃より少し成長をしており、
全く同じではないですが、
概ねのニュアンスは変わりません。

 

知る、と言うことは
責任と覚悟を伴います。

ですからその深層に近づけば近づくほどに
口は重くなる、と、わたしは感じます。

また、覚悟がないならば
知らない方が幸せである

とも言えると思うのです。

 
【もし未来が視える能力があったとしたら?】映画 「メッセージ」が教えてくれる量子的世界
前にアマゾンの森に住んでいる『わたし』と言う言葉を持たぬ人々の話を書きました。 『わたし』を持たないとは、すなわち所有の概念を持たないと言うことです。 ある意味、今の現代社会が所有をめぐる争いから産まれた時代と仮定するならば、そ...
タイトルとURLをコピーしました