今回のセミナー参加で得たもの

仙台は日本酒が美味しいですね。

太平洋側の東北から兵庫までの日本酒が好きです。他の東北からの参加の方の話を聞いて羨ましいー(朝市のホヤ飯とか…

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*)

東北美味しいな。
セミナーはどうした…


うん、セミナーの合間に
なんか多分あの人にセッションすることになるでしょう。
呼ばれてる感じかするから。
↑数名の方になんやかや、と。

ある人には安心感の感覚の実感をからだに感じてもらうことを。
ある人には今の自分との心の距離感と向き合い方を。ある人には體の使い方を。


まー、でもなんだ。昔からわたしは自分は軍曹なんだよな、と。
現場に居る、現場から離れない。
そこがわたしの場所だ、と。

高みの見物の少佐とかじゃない。
共に戦場いて戦火を共に生き延びる。
だからシチュエーションに拘らず癒しを。それがわたしの生き様だから。
それがわたしの生きる意味だから。

しかし、どこに言っても名乗りすらしないし(名乗っても意味ないけど)セッションをいきなりして消えるので不思議な人だよな…(実際不思議な人と言われますな…)


でもなんだ、前より歳をとって、
考えが変わってきました。
前はきっちり受ける人じゃなきゃイヤだな、中途半端にはさせたくない、と思ってたけど。

今は、例え二度と会わない
すれ違い様の僅かな時間でも、
一言、一触れであっても
出逢いに変わりはなく、
何かその一瞬に貢献出来る何か。


例え淡雪が手のひらに乗った直後、
瞬時に溶けて行く様なものとなろうが、
その人が呼ぶならば、
わたしは最大限の出来ることをしよう、と。例え理解されたり感謝されないとしても、と、なんとなく想うわけです。



そして今回心に実感を伴って響いたこと
それはジェンドリンの言葉です。

それは技法の完成度より、
その人へひとときの生きるひと時を
言い渡す。

技法を優先するのは暴力と変わらない。
(ジェンドリン)


優先すべきは技法でも完成度でも、
何に所属するかでもない。
人に真剣に向かいあうならば、
やはり最後に残るのは人間として、しかないです。それしか通用しないです。

そこまで手放さなきゃ、裸にならなきゃ、
あなたの中にある なにか には通じない


だから、
あなたが今、生きやすくなることが大切。
過去の原因なんか、いらない。

わたしはそう思う。

兎角、心理療法家やカウンセラーやセラピストが集うと技や、こんなに何をしてきた、誰に教わった、
こんな原因だと分析出来る、
に行きがちだけれども。


それは違う。

技法より、文献より、地位より、称賛より
ただ、あなたがせめて今、ひとときでも
より良く、よりあなたらしく、

生きやすくなりますよう。

 
 
 
綺麗でした。
ハーレーサンタ。
礼儀正しい。
地元民に仙台の生き神だから撮れ、と。

タイトルとURLをコピーしました