心理セラピストは鷹の目であれ

鷹は一つの瞳の中に2つ役割を
持っています。

望遠鏡と拡大鏡と同時に見ること
が、可能なんです。
大空から、獲物であるウサギなどは
クローズアップしながら同時に
周りの草原全体も見渡している。
 
 
 
セラピストという職業は
そんな視点を持ち、
セッションを行うことが必須だと
最近、特に感じています。
 
あなたがなんらかの
セラピストであるならば
鷹の視点を持ってください。
 
 
またクライアント様としてセッションを
受けようとされているならば
そんな眼差しを持っているセラピスト、
(カウンセラー、コンサルタント、セミナー講師
ヒーラー、エトセトラ)をお選びくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました