”心理療法はこんな感じに進みます ”物語から抜粋” ”

心理療法はこんな感じに進みます ”物語から抜粋” 
本日の朝6時、福島県沖にて地震がありました。被害が少しでもないよう、ご無事をお祈りいたします。※ ※ ※国際アンデルセン賞とは児童文学のノーベル賞と言われているもので累計133万部 「守り人シリーズ」の作家・上橋菜穂子氏が2014...
↑記事内にある例は
ちょっと強めのわかりやすい 
ケースですが、
まあ、物語なんでそこはご了承を。

 

人によって
そんな時のセッションもあるけど、
毎回ではないし、
だいたいは穏やかだったり、
落ち着いたものの方が多いかな。

特に最後は統合に向けて行くので、
満たされた感覚かもしれない。

なんで潜在意識のセッションの始まりは
大半はぼわわわん、とした、
何をしたかわからんような、
ただ人によっては
だけど繰り返しセッションを思い出すような…ものの様です。
(そんな感想を頂いたことがあります)
※セッションの様子はまた後で単体で記事にしますね。

思うに整体やら心理療法も、

劇的な効果

を うたうものより

滴が一滴落ちた…
ような僅かな響き、の方が、
ダイレクトにそしてダイナミックに
人を変える氣がします。

それは多分、
そうした氣づかぬような刺激や響きでないと人の奥の深淵に届かないからじゃないかな。
激しい肉体の修行より、日常の所作に心の内があらわれるように…。

◻︎闇の守り人 
  “ 親とのわだかまりを感じる方には
響くのではないかなとお勧め”   

上橋菜穂子 『闇の守り人』 | 新潮社
女用心棒バルサは、25年ぶりに生まれ故郷に戻ってきた。おのれの人生のすべてを捨てて自分を守り育ててくれた、養父ジグロの汚名を晴らすために。短槍に刻まれた模様を頼りに、雪の峰々の底に広がる洞窟を抜けていく彼女を出迎えたのは
タイトルとURLをコピーしました