あれはそうだったのだ…とあなたの過去が腑におちた時おこること

もしかしたら
自分や周りを赦せるきっかけに、
なるかもしれないね。

 

赦せなくても、
そうだったのか、
そう思えればあきらめることは
可能かもしれない。

 

あきらめる、とは
物事を あきらかにして手放すこと、
だから。

そしたら過去から解放される。
そうしたら過去の重荷をおろせる。

おろしたら余裕が生まれて
新しい自分にチャレンジできるでしょう?それが、わたし達に提供出来ること。

 

 

しかし、今の世の中は本当に窮屈だ。
息苦しい。

キレイ
清潔
美しい
差別なく
清く正しく美しく

それも極めたら、
単なる窮屈でしかないのに。

 

子どもは土と共に転げ回り、
いっぱいの物、氣になるものを触りまくり、五感で認知していかなければ、その子の世界は広がらないよ。
ばっちいって何?
土は汚くない。
生きた土は人間に悪い菌もいるが、良い菌もいる混合した世界で、調和がとれた状態だ、良い菌だけがいる清浄な地、ではない。

清潔に保つ、と除菌は違う。

わたしは琵琶湖周辺の上水下水の考え方は美しいと思う。最初の水は米を炊く水として、研いだ水や次の水で野菜を洗い、その次は洗濯やお風呂として、水を使っていく。これは清潔だと思う。

布団を晴れた日に日たな干しをする、
ひなた水(ひなたにタライで日向干しした水)で洗う、
家に上がる際、足を水で清める、
これは清潔に保つ。

場を場で使い分ける、と言うことだ。
排除じゃない。

あるべき物があるべき場所へ。
それぞれの存在を認め、
その場を尊重すると言うことだ。

が、除菌はどうだ。

排除は美しくない、とわたしは感じる。
モノは、その場では良くなくても、他では役に立つ可能性があるからだ。

 

コロナウィルスを排除する
コロナ患者を排除する
県を跨いできた人をコロナを媒介する人だと排除する
国外から来た人を排除する
肌の違う人を排除する
価値観の違う人を排除する
間違いを犯した人を排除する
そして、わたしがわたしを排除する

排除を習慣にしないで。
排除は差別へ、偏見に繋がる。
違いは、すべてにある。
しかし違いがあるだけ、なのだから。

これからを生きていくのは
だから清潔に保つ、にしていかないか。

あなたは、あなた。
わたしは、わたし。

例え生き方が違えど、価値観が違えど、
バックグラウンドの国が違えど、
ただ、違うだけなのだ。

場が同じなら、同じ場に。
違うなら、違う地に。

そこで生きて行こう。

あるがまま、あるべき場所で、
生きて行こう。
互いに敬意を払いながら。

 

最近のクライアントさんと感じた言葉
天水一碧の様に。
空も海も全く違うけれど、
一時のアオが溶け合う様に、
きっと通じ合う瞬間はあるのだから。

タイトルとURLをコピーしました