セラピスト・カウンセラーの選び方

セラピスト・カウンセラーの選び方

すんごい効果あるー!ってクライアントの感想文の罠

あれはなー、???なんですな。 すごい効果です!感動!優しさに溢れてる!的な感想。   本当に重要な内面の変化は、本人はあまり気がつかない、か、大したことないんですが… と、言いながら言うことがほとんどなんです。   わたしとてセッション後...
セラピスト・カウンセラーの選び方

エセカウンセラーになぜ人は行き、 そしてそのエセカウンセラーのファンになるのか

1)一番わかりにくくて、見えにくい人、それは自分自身です。 2)しかし同時に一番分かっている人、でもある。それはそうです、本人だから。 この同時に1)、2)の真逆の二極性が自体をややこしくしている。 そして更に本人だからこそ、見えてしまった...
セラピスト・カウンセラーの選び方

なぜ〇〇の法則、などの本が効果がないのか

心はその人に寄り添う以外ないのだが、自己回帰セッションで扱う思考のクセから脱却するものはわたしも独自のマニュアル作成しても良いのかと思いつつあります。 今まではその時々で伝えてきたけど、例えばチェック表表記とかにした方がわかりやすいかな、と...
セラピスト・カウンセラーの選び方

我が心が如く、あなたの心に触れよう

心理セラピストやカウンセラーの最低条件として必須なことがある。 わたしこと心理セラピストあらたは、自分自身の心に常に触れている。わたしが わたしの心に触れることが出来て初めて他の人の心を感じ触れることが可能になる。   だからセッションの時...
セラピスト・カウンセラーの選び方

元認定カウンセラーだったあなたへ

あのオープンカウンセリングの時、なぜわたしの問いかけに応じ、クライエントのフェルトセンスが反応した瞬間、あなたはそれを妨害したんだろう。 そのままフェルトセンスが怒り狂っているのを無視し、クライエントの氣を他にそらして心理療法風味、の小芝...
セラピスト・カウンセラーの選び方

もし、目標がなきゃ出来ない努力をしてるなら

それは本当の魂の行く道、ではないね。 残念ながら。頑張る道だからね、それは。   情熱の道が魂への道。 だから気張ることは必要だけど、直向きに真心を込めて努力するけど、でも、頑張りはしない。   頑張りはさ、 ああ、ならなきゃって今を否定し...
セラピスト・カウンセラーの選び方

【効果ある心理療法の受け方④】こんなカウンセラー選んじゃ駄目よ、チェック項目あり

教わる、とは、対象者への敬愛と尊重を持って知識や叡知の教えを請い、それを元に自らまた展開、発展させていくことです。 学ぶ、とは、仮説をたて、それに向かい試し実践、改善、を、または一つの物事を何回も繰り返した先に現れる発見を受け取ることです。...
セラピスト・カウンセラーの選び方

【効果ある心理療法の受け方③】セッションの悪い例 & 色々な人へのメッセージ

昨年年末ネットに公開されたあるセッションを聞いて感じたことを書きます。 そのセッションはクライエントさんの心にタッチ出来ていない、カウンセラーの独りよがりのものでした。(これはクライエントさんの意識レベルが変性意識になれていない状態=つまり...
セラピスト・カウンセラーの選び方

【効果ある心理療法の受け方②】安全安心を感じることが人生になかった あなたへ

カウンセラーから否定的なことを言われた。高圧的なアドバイスをされた…なんてひどい、わたしは安心安全の為にあなたを否定することなく、お話を聴きます。 なんてありますね。  人に安心安全を感じてもらうには、あなたを否定せずに聴いていく、と言うの...
セラピスト・カウンセラーの選び方

【効果ある心理療法の受け方①】オープンカウンセリングやセッション感想文の功罪

オープンカウンセリングにおける不可思議なクライアントの反応が、一年近くかかってやっとどういうことで起きるのかわかってきました。 それは通常の個人カウンセリング、セッションでも起きていることなのだと思うので、カウンセリング、およびセッションを...
タイトルとURLをコピーしました